純ガソリンエンジンにも力を入れ始めたトヨタ

トヨタ自動車と言えば、まず頭に思い浮かべるのがハイブリッド車です。
世界で初めてハイブリッドシステムを搭載した乗用車を発売したのはトヨタですし、現在ハイブリッド車のラインナップを一番数多く揃えているのも、トヨタです。

しかし、その一方で純ガソリンエンジン車は、ややないがしろにされている感があり、ライバルメーカーの車種と比べると、燃費性能は今一つパっとしません。
そんなトヨタが、ついに純ガソリンエンジン車の燃費向上に、本腰を入れ始めたという事です。

ニュースによると、ヴィッツやパッソに搭載される、1Lと1.3Lのエンジンを新開発し、従来よりも15~30%燃費を改善したとの事です。
ただ、それでようやくライバルメーカーの同クラスの車種と肩を並べたに過ぎず、決して飛び抜けた燃費性能ではありません。

しかし、スペック面でのハンディがなくなり互角の条件になれば、販売網が桁違いに強力なトヨタの事ですから、販売台数でライバルを圧倒する可能性があります。
全方位に性能向上を図るトヨタの本気ぶりに、ライバルメーカーは戦々恐々としているかもしれません。

何だか最近、現実とは思えない事件が増えている

この報道を見た時に、始めはよくわかりませんでした。
この43歳の女は、何が楽しくて、男子中学生を自宅に招き入れたのか。
そして、いじめていたのか。
そして、無職なのに、どこから生活費が出ているか、など。
これが、男性だったら、まだ理解できます。
若い家出少年少女を集めて、風俗などで働かせる。
それが今まであった事件です。
しかし、今度は女性です。

家出少年少女達を集めて、何がしたかったのか。
性的な利用はなさそうに思えて仕方がないのです。
心理学的に判断するならば、男性には、支配欲があります。
そして、人の頂点に立ちたいという名誉欲があるために、しばしば、自分よりも力の弱い少年少女達を集めて、それを支配し、働かせる。
それならば合点がいくのです。

女性は、支配欲や名誉などよりも、一人のパートーナーからの安心を望みます。
望むはずなのですが、今回の事件を見ると、その考えが揺らぎます。
又、性的な目的もなしに、ただ、少年少女達をいじめ、争うのを見る事に楽しみを感じていたのでしょうか。
そして、生活保護を受けていたなら、就活状態など、細かくチェックされている筈なのに、堂々とカラオケ屋をやっていたと聞きます。
この犯人の精神鑑定とともに、この地域の生活保護を担当していた人の仕事ぶりがどうなっていたか、細かく知りたいものです。

男は顔じゃない!

おめでたいニュースを見ましたー!
アンガールズの山根さんが結婚。
しかも井上真央さん似の方と。

よかったですねぇ。キモカワが売りのアンガールズですが、キモくても結婚できるんですよ!
世の中のいい見本になってくれたと思います。
確かに、異性と出会う時はまず見た目から入るかもしれません。
でも最終的には中身が一番大事なんですよね。
それがよくわかるニュースです。
(アンガールズ山根さん、ごめんなさい 笑)

この調子で田中さんもいい出会いがあればいいですよね。
個人的にはそっちのほうがより『キモカワ』だと思うので心配です。
きっと一途で浮気なんか絶対にしない人ですよ~
独身女性のみなさん、いかがですか?!

11月22日はいい夫婦の日、というのも近年定着してきましたね。入籍される方も多いですもんね。そんな日に結婚したカップルは、ぜひぜひその名の通り、いい夫婦で有り続けて欲しいと思います。何十年たってもそんな関係でいられたらいいですよね。

関東沖の巨大地震の想定変更

東日本大震災から2年半を過ぎ、各地の巨大地震が心配されてきています。
東海、東南海、南海の地震が心配されていますが、その一方で首都圏の地震も注意されはじめているようです。

中央防災会議の「首都圏直下地震対策検討ワーキンググループ」では、防災上考慮すべき最大地震をM8.5以上にするといいます。
グループは相模湾から千葉沖に伸びる相模トラフの地震想定を、従来は1/30のM7.5想定であったといいます。

相模トラフを震源とする関東大震災はM7.9、その前の1703年の元禄関東地震がM7.9~8.2といい、東日本大震災がM9ということを考えると、高目に想定して対策をしておくことは良いことかもしれません。

いつかは来るであろう関東沖の巨大地震ですが、先の地震での大津波の破壊力を見せ付けられてもおり、首都圏の自治体の防災計画も見直しを余儀なくされそうでもあります。

今回の震災で、日本の建物は揺れにはかなり強いものであることは分かりましたが、津波による被害の大きさが目に付きます。

地震予知ができない現状であれば、最大の対策を考えておくことが重要であると思えます。

病気治療で

私の母が昨年、脳出血で倒れました。緊急手術で命は助かりましたが、なかなか意識がはっきりしない日が続きました。

そんな中、母が不在の実家に、あるカードローン会社から支払い引き落とし案内のハガキが届きました。私も父も妹も、母が母名義でカードローンを利用していることは何も知りませんでした。

その後も数社から同じく支払い引き落とし案内のハガキが母宛に届きました。妹がおそるおそる各カードローン会社に問い合わせてみたところ、母の借金は、総額400万円を超えていることが判明しました。

どの会社も金利がとても高いため、一括で返済しないと、残高は雪だるま式に増えていくことが予想されます。私と妹の貯金と、父の叔母の貯金を借りて、全て一括返済に変更しました。ほぼ残高の支払いが終了したところで、母の意識状態は驚異的な回復をみせ、現在は、元の元気だったころのように戻っています。

母はもしかしたら、無計画にカードローンを一人で利用してしまい、残高が増えていく一方で困り果て、突然の病気を発症することで現実逃避をしていたのではないかと思います。

複数からの借り入れ

やっとのことで僕のプロポーズを受けてくれた彼女への婚約指輪を買うために、カードローンを初めて利用しました。

明日が初めての返済引き落とし日になります。フリーターで定職についていない僕にお金の余裕などなく、わらをもすがる思いでカードローンを利用したのに、明日返済一回目の引き落としに備えるお金などありません。

どうしよう、どうしよう、そう思いながらここ数日を過ごしてきました。いろいろと考えた結果、明日の返済を何とか乗り切るために、他社からまたカードローンを利用することに決めました。

週末の中央競馬の馬券さえ大当たり、いや、小さな当たりさえすれば、何とか埋め合わせはつくと信じています。週末の競馬に期待しています。何とか当たり馬券を引き当てるために、競馬新聞を買い込み、週末の購入馬券について考えているところです。どうか、神様、僕に「万馬券」を与えて下さい!

でもこんなのではやっぱり続かないですよね。
しっかりと働いてお金を稼ぐつもりです。本心は。

司法試験の壁

某有名国立大学を卒業後、順調に大手貿易会社に入社しましたが、会社という組織に馴染めず、心身の限界を感じ、1年半で退職して約5年が経ちました。会社という組織には無理と思い、個人で仕事ができるようにと思い、家庭教師のアルバイトをしながら弁護士を目指して勉強中です。

しかし、司法試験の壁はとても高く、勉強しても勉強しても覚えることが多く、いつになれば司法試験合格という終わりが来るのか見当がつかず、そういう毎日にストレスを感じていました。そんな中、家庭教師先の京都の淀の競馬場に生れて初めて行きました。ビニナーズラックというのでしょうか、百円で購入した馬券が1万円を超える配当を得たことから競馬にはまってしまい、アルバイトから得る収入よりも競馬に使うお金の方が多くなってしまい、収支のバランスが取れなくなり、日々の生活にも困るようになりました。

そんな中、無職の私にもカードローン会社ならばお金を貸していただけることを知り、弁護士になれば必ず返済は出来るものと考え、カードローンかを利用して、日々の生活と司法試験勉強代と趣味の競馬への投資をまかなっています。もうすぐ、第一回目の返済日がやってきますが、支払いができるような余裕は現在ありませんが、近い将来、必ず弁護士になることを考え、もう一社のカードローン会社に相談し、融資を受けることになりました。カードローンというのは、私の将来の夢に向かうためにはなくてはならないもののように思います。

司法試験受験

早いもので、梅の花が満開の季節になってきました。まだまだ寒い日もありますが、それでも「底冷えするような寒さ」はさすがにゆるやかになってきています。ここ数日、ベランダの鉢に植えたチューリップの球根から、一気ににょきにょきと芽が出てきています。「もう春だなあ」と思う今日この頃であります。司法試験受験のため、軍資金として借り入れた借金の、2月末の借り入れ状況をまとめてみました。

A社カードローン:1,235,202円 、B社ローン:1,324,567円 、C銀行カードローン:8,234円、D銀行カードローン:5,264円、親:600,000円 、合計:3,173,267円。
現実的にはなかなか減らないです。でも、現在、最安値で仕込んだ株が少しずつと上がってきている様子です。株の値上がりで、4月は借金残高を少し減らせるかもしれません。
それに大いに期待するしかないです。どうぞ、神様、株を値上がらせて下さい!

男性の命を救うために、カードローンを利用

突然交通事故で意識不明となった愛する男性の命を救うために、カードローンを利用しました。しかし、男性の容体はまだ期待するような改善はみられません。ある日、医師より「また脳の中で出血が起き始めている。出血を止めるためには、今から緊急で手術をしないと助かる見込みがない。今から手術をしますか?」と説明がありました。

男性とはまだ交際が始まって日が浅く、男性の家族の連絡先もわからず、私が男性の治療に関する決断をしなければいけませんでした。手術を決意するということは、さらに大きなお金が必要になるということを意味しています。先日、カードローンを利用して借りたお金は、もう底をつきはじめました。もうすぐ第一回目の支払いの引き落としの日がやってきます。

支払いのめどさえ立たない中、再度、緊急手術を行うということで、更なる出費の必要が出てきました。こうして、私は他社のカードローンを利用することになりました。現在のところ、支払いのために、更にカードローンを利用し、5社からお金を借りています。もうすぐ立て続けに、支払い引き落としの日がやってきます。また支払いのためにカードローンの取引会社が増え、借金が増えていくのだろうか・・・と思うと、やりきれない思いでいっぱいです。

大掃除

朝から自室の大掃除なう。現時点で出たゴミはゴミ袋4つ(笑)。普段掃除してないのがよくわかりますなあ。
昼食べてゆうちょ銀行行ってお金おろしたら再開しますが、1日2日じゃ終わりそうもないなこりゃ。
ちなみに部屋を一番占拠しているのはマンガと同人誌です(笑)。